スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン車の存在意義

今日はひだまりオンリーイベントがありましたね。バイトで行けませんでしたが。
なので仕方なく横浜からグリーン車でも乗ろうかと思い550円払ってグリーン券購入。
で、乗りました。人生2回目くらいのグリーン車。

はっきり言って、は?という感想でした。

まず圧倒的な混雑。
今はそこそこの距離を走る列車にグリーン車は関東では当たり前になっており、グリーン車自体の
大衆化も進んでいます。
なのである程度の混雑は仕方ありません。

けれど、これでグリーン料金取るの?と言わざるを得ない状況が…
混んでいるのに荷物を椅子に置くのやめてもらえませんか?
そうしたいなら、車端部の網棚のあるところでやるか荷物分のグリーン料金払ってくれますか?

車内で通話やめてくれませんか?
電話したいならせめてデッキ行ってくださいよ。(ただし仕切りがないのでこれでもよく聞こえるけど)

階段で座り込むのやめてくれませんか?
グリーン車はヤンキー輸送列車じゃないんですから。

はぁ…これなら普通車乗ったほうが良かったかも…
もうこうなったら普通列車グランクラス連結に期待するしかないでしょう。

私は乗りませんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。